【売れている!】常緑のシンボルツリーベスト5の紹介です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最も出荷量の多い常緑のシンボルツリーベスト5を挙げていきます。

好みだったりとかお庭の大きさだったり
環境によって育てていい植物変わってきますので特徴をおさえたうえで
自分に一番合った植物を植えていただけたらと思います。
それでは見ていきましょう!

関戸園芸は植物の販売と造園をやっております。
植物は何が売れているのか何が人気があるのかそういったところもわかり
ます。またこの樹木がいらなくなったから切ってくれとか邪魔になっ
たから抜いてくれ!そういったご依頼もいただいております。
失敗例の情報とともに今回はやっていきます。

早速、おすすめベスト5紹介していきます。
まずはオリーブいきたいとおもいます。
ここ数年ずっと人気があります。

兵庫県の西畠清順さんがオリーブ広めてからすごい爆発的人気が出ているという感じです。
古木の100年モノのオリーブだったり1000年モノのオリーブをヨーロッパから輸入して植え付けて人気がでました。
オリーブといえば平和と繁栄の象徴とも言われています。
一軒家の新築を建てたら一家の繁栄を願ってオリーブを植栽をする方も非常に増えていると思います。
店舗にもオリーブを植えて商売繁盛という意味を込めて植栽します。

オリーブは何がいいかというと育てやすいです。
病害虫にも強い、成長がそんなに早くない、形を整えることができる。

種類によって狭い場所だったら縦に伸びるものを選ぼうとかある程度広い場所が確保できそうだっ
たら横に伸びるタイプのものを選ぼうとか好みによっても変わってきますが、
種類を分けることによって場所だったり、自分の好みに合ったオリーブを探すことができるといった特徴も兼ね備えているのでオリーブの人気がまだまだ止まらないのかなと感じます。

例えばですけどシプレッシーノの特徴はシュッと上に伸びていくというところで狭い場所ででも、植えつけできます。
ルッカは横に広がっていくタイプ
ボリュームを出したい方はこういったルッカを選ぶと良いんじゃないかと思っております。

オリーブはあまり根を伸ばしていかないので風に当ててあげることによってどんどん根を張っていこうとします。
ある程度、風に当ててあげるということも大切ですね。
実は1本でもなる木はありますが、できるだけ2本植えていただけるのが良いです。

背を高くして風の影響を受けて倒れてしまったりする場合もあるのでまずは低く育ててあげることが大切になってきます。

オリーブはここを切ってあげると横から枝が出てきます。

ある程度、根が張っていくまで背を低くして風の影響をあまり受けないようにしてあげるのも大切ですね。

幹を太くして高さを調整してあげるそして横から芽を伸ばしてあげるそういったことを繰り返すことによって風の影響も受けなくて、倒れることなく上手に育てていけます。
まずはこの幹を育てることに集中してやっていただけたらと思います。

2種類目の紹介は!
フェイジョア!

フェイジョアは何がいいかというと植栽場所をあまり選ばないです

寒さにも強くてどういった地域でも植栽できます。
あまり成長が早くないために狭いお庭でもいける。
大きいお庭でももちろん良いです。
食材にもなります。
あとこの見た目です。
葉っぱも裏表が違って結構オリーブにも似ているんじゃないかと思います。
オリーブより葉っぱは大きいです。
葉っぱがおしゃれそしてお花は可愛くていい匂いがする。

果樹は流通が非常に少なくてスーパーで買うことができないです。
育てている方しか食べる事ができないという幻の果樹になります。
アポロという品種は1本でも実がなると言われているけれどできるだけ2本植えます。
大きい実をつけたい方、たくさん実をつけたい方!
2本植えることをおすすめします。

アポロ・マンモスという品種があるのでそちらと植え付けると良いです。

次に紹介したいのはシマトネリコです!

シマトネリコといえばやっぱり大きくなるということが特徴なります。
シマトネリコを抜いてくれ切ってくれ、そういったご依頼は多いです。
特徴を分かった上で購入するのは非常に良いと思います。
人気はすごくある。
葉っぱもオシャレ。
常緑で目隠しにもなる。
非常に人気もある。

人気も落ちずにですねずっと上位をキープしている状況になっています。

ただ植えつける場所をこれを失敗すると最終的に伐採や抜根を
する結末を迎えることになるので広い場所に植えるということが非常に大切になります。

失敗する方たちは失敗する原因と場所があります。
1つ目
フェンスに近いところに植えてしまう。
フェンスのブロックを押していったり、フェンスに当たってしまう場合は切って欲しいとなります。
2つ目
近隣のお家の近くに植えてしまう。
3つ目
自分のお家の裏にはに植えてしまう。
裏庭に植えてしまって切ってくれ。とご依頼多くあります。

狭い場所を避けて広いところに植えてあげるようにしましょう!
広いところに植えてあげるとすごい貫禄があっておしゃれで目隠しにもなって常緑で育てやすくて非常に良い樹木となりますので場所だけ気をつけて植えてあげることをおすすめします。

大きいシマトネリコです。

株立ちのをシマトネリコが流通しています。

次はココスヤシになります。

ココスヤシは南国の気分を味わえるという樹木になります。

人気があります。
若い方に特に人気がある樹木となっておりますヤシの木の中では一番育てやすいです。
寒さにも強い樹木となっております。

関東の方よく出ていると聞いております。
三重県も結構在庫あるので安く提供できると思いますので気になった方、お問い合わせください。

ソヨゴ!

一番の特徴としては成長スピードが遅いというところです。
二つ目がですね病害虫に非常に強い
常緑でシンボルツリーで目隠しにもなって成長スピードが遅いところが特徴となっております。
あと、白い小さなお花をつけたり赤い実をつけるところ、葉っぱがシャラシャラという音がするところも特徴です。

やっぱりなんといっても先ほどのシマトネリコと違って成長スピードが遅くて植えるところを場選ばなくても良いというところが特徴になってきます。

植える間隔を2m ぐらいあけると数年近隣の邪魔にならないです。
ソヨゴを伐採とか抜根をしてくれというご依頼はほぼないのでメンテナンスが簡単ですね。

以上
常緑の人気のシンボルツリー5選でした。

いい環境で育てることができたらどんな植物もうまく育てることができると思いますので
特徴を知ったうえで植栽を楽しんでください!

植物のオンラインショップはこちら!

トップページ

剪定、伐採、抜根、草刈りなどのご依頼はこちら!

三重・愛知・岐阜・滋賀・東京でお庭の手入れなら、お庭男士(おにわだんし)へ

動画はこちら↓

オンラインショップはこちら
http://sekidoengei.com

Yahoo店はこちら
http://store.shopping.yahoo.co.jp/s-engei

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今月人気の記事 TOP5

  1. 夏場に玉竜が枯れる理由と具体的な対処法!!
  2. 玉竜ポット・2パターンの植えつけ方!!
  3. 玉竜《タマリュウ》を使った素敵な洋風のお庭!!
  4. 綺麗な青々とした玉竜《タマリュウ》の育て方!!
  5. 失敗しないお多福南天の植え方!!
  6. 玉竜ちゃんの増え方!!
  7. 失敗しない玉竜マットの植え方!!
  8. 玉竜の成長経過!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*