日陰で育てることができる人気のグランドカバー3選!!【雑草対策】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

玉竜・芝桜・リピアなどの生産や数百種類の植物販売をしています。関戸園芸です。

今回は日陰で育てることができるグランドカバーを紹介します

日陰で何を植えたら良いかわからない方、育てたけどうまく育たなかった方、ぜひ見ていただきたいです。

日陰で上手に育てることができる植物を紹介していきます。

メインに3種類サブで1種類、紹介していきます。

1つ目

一番人気タマリュウです。

ど〜ん!!


2022年8月22日撮影

新芽が青く綺麗です!

皇居に入れさせていただいたり、スカイツリーに納品させていただいたり、

北海道から沖縄までお庭に植栽されています。

日陰でも日向でも半日陰でもどこでも植栽できます。

日陰の方が葉っぱの色は良いです。

特徴

土から根が伸びて芽に変わっていきます。

人差し指のところこれは出てきたばかりの芽になります。

成長はあまり速くないです。

芝生は月に1回、2ヵ月に1回は夏場でしたら芝刈り機をする必要がありますが、玉竜はあまりメンテナンスが必要ないです。

葉っぱが黄色くなってきた場合は刈ってあげると良いです。

芝刈り機や草刈り機で刈ってあげるとまた青い芽が出てきます。

以前に刈り込み方の紹介をこちらの記事でしています。

綺麗な青々とした玉竜《タマリュウ》の育て方!!

成長スピードが遅くて管理が簡単、雑草の対策にもなるため芝生のかわりに植栽される方が増えています。

人気は年々上がっております。

2つ目

リュウノヒゲです。


2022年8月22日撮影

ビュッと伸びる芽は竜の髭に似ていることからリュウノヒゲと呼ばれるようになりました。

リュウノヒゲを品種改良して玉竜になったのです。

こちらのポットは9センチポットでタマリュウが7.5センチポット

一回り大きいのがリュウノヒゲになります。

お寺や日本庭園はもちろんですが、和モダンや洋風のお庭にも植えられています。

玉竜と同じで日陰、日向どちらでも育つ植物になります。

根は玉竜よりも多いです!

 

3つ目

コクリュウです。

関戸園芸オンラインショップより

コクリュウは生産がすごく少ないです。

品質の良いコクリュウは希少価値があります。

特徴

成長の仕方、育つ環境などタマリュウ、リュウノヒゲとほぼ同じです。

日陰も日向でも成長できます。

もっと毛先ボリュームが欲しいよ!!

そんな方はこちら

カレックス!

関戸園芸オンラインショップより

カレックスは品種がものすごく多いです。

こちらにあるのはカレックスはオシメンシスシリーズになります。

人気が上昇していてどんどんを出荷数も伸びている植物です。

詳しくはぜひ動画で見てください!

関戸園芸オンランショップはこちら

 ↓

トップページ

植木の剪定・草刈り・伐採などお庭管理のご依頼はこちら

三重・愛知・岐阜・滋賀・東京でお庭の手入れなら、お庭男士(おにわだんし)へ

オンラインショップはこちら
http://sekidoengei.com

Yahoo店はこちら
http://store.shopping.yahoo.co.jp/s-engei

今月人気の記事 TOP5

  1. 夏場に玉竜が枯れる理由と具体的な対処法!!
  2. 玉竜ポット・2パターンの植えつけ方!!
  3. 玉竜《タマリュウ》を使った素敵な洋風のお庭!!
  4. 綺麗な青々とした玉竜《タマリュウ》の育て方!!
  5. 失敗しないお多福南天の植え方!!
  6. 玉竜ちゃんの増え方!!
  7. 失敗しない玉竜マットの植え方!!
  8. 玉竜の成長経過!!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*